顧客満足度が高い

クレジットカードで注意したいこと

クレジットカードには、現金で支払うよりも多くのお得感があることは、みなさんも日常で感じていることではないでしょうか。
そうした嬉しいお得な存在に、ついつい落とし穴に気付かず痛い思いをする人も多いものです。

まず、クレジットカードには限度額がありますよね。
時に大きな買い物が必要になることがあると思います。
そうしたときの利用額のバランスがとても大切。

支払いが翌々月であることに安心感を覚え、使いすぎてしまう人も少なくありません。
請求月のズレが生じることを認識して使いましょう。
支払日がきたときに残高不足で支払いができないのは、信用を失います。
自分の銀行の残高に支払い可能な金額が入っていることが重要ですので、何事もバランスですね。
今ではクレジットカードでいくら使ったか管理できるアプリhttp://www.rejn.org/apli.htmlもあるので、クレジットカードを使用した履歴などを残しておくと使いすぎることが少なくなるかもしれません。

クレジットカードは、その名の通り信用をもとに成り立っていますので、一度滞納してしまうとその信用はなくなります。
明細をチェックしていなかったり、自分が利用した金額を管理していなかったりで支払いが遅れる人は意外に多いようです。
また、何でもクレジットを選択すると現金よりもお得だということで、使用の斡旋が非常に増えています。

クレジットカードで支払えばポイントが溜まるので、購入金額からキャッシュバックがあるのと等しい(実際の支払額は○円です)という説明や、現金で支払おうとした人に今ならポイントが何倍などといってクレジット支払いにさせるような小技が、小売業界ではよく使われています。
そうして、ついつい多くのお買い物を促したり、購買意欲を持たせるためのセールスが茶飯事に行われているので、あなたももしかしたら、最初はそのつもりがなかったのにクレジットカードを使って購入したということがあるかもしれませんね。

さらに百貨店などでは、クレジットカードの還元ポイントが高いクレジットカードに切り替えを斡旋していたりしますよね。
消費者行動をチェックして、こうした買い物を良くされるのでしたらこちらがオススメですといったような年会費のかかるカードへの切り替えを促すシーンがあちこちで見受けられます。
うまくポイントバックがはかられる仕組みなので損ではないにせよ、結局限度額の引き上げや会費の引き上げなどと連動し、消費行動を高めてしまうような連鎖を生むシステムなのです。
また、クレジットカードには有効期限http://bbs.veryer.com/valid.htmlがありますので注意してください。

必要があればお得にクレジットカードを使用するのみですが、こうした注意点もあることを念頭に置きましょう。
あなたにとって不要なことをしてしまわないよう、自分でお買い物の基準を持ち、使い方に決まりを設けておくことをオススメします。


Copyright(C) 2013 カードで便利な生活を All Rights Reserved.