顧客満足度が高い

クレジットカード調査。各社徹底比較

クレジットカードは、会社によってサービス内容が異なっています。
各社を比較するにあたり、クレジットカードにはどういった種類があるのか大別してみると、銀行系カード、流通系カード、消費者金融系カード、信販系カード、航空系カード、独立系カード、その他にも実に様々です。

また系統別に加え、国内ブランド、国際ブランドにも分かれますし、種類と分類だけでもかなりの数があります。
そのため、詳細まで徹底して調査するには、まとまったサイトを参照することをおすすめしますが、ここではクレジットカードの各社の特徴を主に述べていきます。

主に日本人がメジャーどころとして契約している安心のカードは、銀行系カードではないでしょうか。
キャッシュカードと一体型なので、毎日持ち歩くのに最適ですし、知名度や銀行の手数料や提携機関の割引などが優遇されます。
ですので、日常生活にとても手軽さと便利さを感じることができるカードとして日本人には圧倒的な人気です。

次に主流となっているのが、流通系カードではないでしょうか。
これも、生活必需である食品や衣料を調達するスーパーや大型ショッピングモールなどの提携カードです。
ですから提携先の小売店では割引やポイントバックなどのサービスが充実しているので、一般的なカードといえます。

仕事で多用する人は、航空会社系カードが圧倒的に多いようです。
ただし、こちらは仕事用として保有し、他のカードを併用していることが多いと言われています。

また日本人が比較的多く目にしているのは、消費者金融系カードでしょう。
これはクレジットカードというよりはローンに際してお得な使い方があるようですが、お金に困っている人が発行することが多いのが実態です。
これには、ポイントバックや保険などの付帯制度はない場合がほとんどです。

さらにステータスを上げることを重視している人は、国際ブランドをセレクトすることが多いようです。
最大手の国際ブランドは、国内クレジットカード会社が一般的に採用していますので、皆さんも一枚は持っていると思います。
ですが国際ブランドのいいところは、世界通貨と言われるブランドを身につけていられる優越感でしょう。
グレードもわかりやすく、ビジネスで成功している証拠として保有している人、また自分の身分相応のクォリティサービスを受けることができることがあります。

このように多岐にわたったクレジットカードがありますので、そのメリットデメリットをしっかりと調査して、ベストな一枚と長い付き合いをしていきましょう。

Copyright(C) 2013 カードで便利な生活を All Rights Reserved.