顧客満足度が高い

クレジットカードに多発する事故

クレジットカードは安心して使える金融商品でありながら、その裏にはたくさんの事故、トラブルが隠れています。
まずは最も多いトラブルとしては、クレジットカードの使いすぎによる多重債務も深刻な問題となります。

クレジットカード会社への信用がなくなるほか、自身も返済能力が足らずに苦しむこととなります。
いわゆる借金を背負う形となり、精神的に追い詰められることが多発しています。

多重債務の場合、信用情報機関(ブラックリスト)への登録がされ、そうなってしまうと他のクレジットカードが作れなくなったり、収入の差し押さえといった法的な措置がとられる場合もあります。
キャッシングやリボルビング払いなどで知らず知らずに借入額が膨らんでいる人も多く見受けられ、返済能力を超えての利用がそうした身の破滅を招きます。
多くの返済額を抱えることだけでなく、返済の不履行の回数なども金融事故として処理されます。

たとえば、引き落とし日に口座に残高が不足していて落ちなかったとしましょう。
これが再引き落としされれば良いですが、滞納状態となるのが一般的です。
この滞納を3回繰り返してしまうと、ブラックリストとして金融事故扱いとされます。
1回であればクレジットカード会社の中で記録となりますが、大きく解約を命じたりすることはないようです。
あまりに滞納が続けばカードの契約を解消させる効力も持っているため、結局はお付き合いが不可能となってしまいます。

また、個人情報の漏洩などです。
多々ニュースなどで、個人情報が漏れたという事件が放送されていることがありますよね。
クレジットカード会社も個人情報を担保として行っている商売ですので、当然莫大な情報を持っています。
機密には厳しい世の中ですので滅多にないことではありますが、審査の甘いクレジットカードなどには裏で情報操作している場合もなきにしもあらずのようです。

さらに、会社が漏洩する事故以外にも街の中で利用した場合に起こるスキミングや磁器損傷などもトラブルとしてあげられます。
世の中には、他人のクレジット情報を盗んで悪用しようとする人もいますし、電子機器の影響でカードの読み込みができなくなってしまうなどの事態があるのです。

こうした予想だにしない事態は仕方ないにせよ、カードを使用するのは、「自分」。
安心できるカードを賢く選び自分の使用基準やルールを持って使用することによって、債務のトラブルは未然に防げます。

Copyright(C) 2013 カードで便利な生活を All Rights Reserved.