顧客満足度が高い

審査の寛容なクレジットカードってあるの?

インターネットのバナーや電車の広告で、「クレジットカードの審査が不要」「審査に落ちた人でも即契約できる」といった文言を目にしたことはありませんか?
信用がものをいうクレジットカードなのに、そんなうまい話あるのかな?と筆者は疑問に思ったことがあります。

一般にクレジットカードは、信用を担保として成り立っているため審査がついてくるのは当然のことです。
支払い能力の無い人に、後払いで商品を買わせるわけにはいきませんよね。

しかし、滞納が続いたりクレジットカードの支払い不履行によってカードを解約された経験があったりすると、信用情報に記録されることとなり一定期間クレジットカードを作ることができません。
また、クレジットカードを作ることができない人としては、自己破産の経験、無職、転職して間もないなど理由で返済能力に信用度が低い場合などです。

そういった場合でも、新規顧客の獲得に注力している会社は寛容な審査でクレジットカードを作成させることができるよう、仕組みを作っています。
また、今すぐ必要な人にとってもこうした柔軟な審査のカードは手を出しやすい傾向にあります。

そのため、本来は借金をするためのツールではないのにクレジットカードで現金を得ようとする人までいます。
そうした場合、甘い落とし穴もありますので注意です

審査の寛容なクレジットカードの特徴は、特に銀行系のカードよりも安心度や信用度の面では質が落ちます。
たとえば、すぐに作れるこうしたカードは支払い方法がリボルビングのみである場合が多いようです。
一括払いには手数料がかかりませんが、リボ払いには金利もかかる上、スライド式でなかなか使った額が減らないというカラクリがあります。

多くの金利を取るために、クレジットカードを契約させるという商法の業者なのです。
もちろん違法ではないにせよ、自ずとリボ払いを選択せざるを得ない状況になるのはとても損です。
また、審査に甘いクレジットカードを簡単に作れてしまうと言う感覚によって多重債務のような状況にもなりかねません。

このように、クレジットカード利用者が不利な条件が多々ありますので、自分のカード利用状況を見直しよく仕組みを理解してから契約を検討することが大切です。

Copyright(C) 2013 カードで便利な生活を All Rights Reserved.