顧客満足度が高い

クレジットカードの審査について

いざ、クレジットカードを作ろうと思ったとき、すべての人が簡単にクレジットカードが作れるわけではありません。
クレジットカードを作る際には、その場ですぐに手続きが完了することはないので、注意しておきましょう。
その理由とは何なのでしょうか?

クレジットカードを作るには、利用者の「信用」が必要なのです。
クレジットカード業界は、信用をもとにした商法なのです。

入会の際に、いろいろなクレジットカードを検討し、これだ!というカードをある程度信用して選ぶのと同様に、入会する者もお客様として信用がなければ、審査が通ることができません。
つまり、クレジットカードを持つ資格があるかどうかを、個人の情報から審査する時間が必要になってきます。
「入会者に返済ができる能力があるかどうか」これは、最も大切な基準のひとつとなります。

そのために、収入額、現在の職場の勤続年数など、個人の情報をクレジットカード会社に申告し、与信判断を待ちます。
基本的には、自己申告で大丈夫ですが、過去に金融事故などのトラブルがある場合は、調査されれば一発で分かってしまうことなので、誠実な内容を申告しましょう。

ただし、必ずしも、年収が基準よりも低いためにクレジットカードが作れない、ということはありません。
少ないよりも、継続して働いていることの方が重要とも言われます。
こうして、審査通過者に、クレジットカードがようやく発行される、という手続きになるのです。

クレジットカードの審査の際は、いわゆる「信用情報機関」へ、個人の信用情報を照会します。
この審査とは、簡単にいえば、金融事故に該当していないか、チェックすることを指しています。
過去に、他のクレジットカードの返済が滞納を繰り返していないか、自己破産などの情報が登録されていないかなど、超機密事項が照会できてしまうのです。

例えば、多額のローンを抱えている、多重債務で返済に不履行があるといった、過去5年間の実績がすぐに分かります。
自分でも照会することができるので、自分の金銭的な信用がどの程度あるのか、一度確認してみることもおすすめします。

こうして、審査に晴れて通過した時には、のちに自分だけのクレジットカードが手元に郵送で送られてきます。
他にもこのようなhttp://london.test.aubazar.ui-pro.com/shi.html場所で作るカードは比較的審査が甘くなています。

Copyright(C) 2013 カードで便利な生活を All Rights Reserved.