顧客満足度が高い

一枚は持っておきたい、クレジットカード

アメリカでは、クレジットカードの保有枚数は一人平均7枚といわれています。
日本ではいまや平均3枚となっており、一人でカードを使い分ける時代が到来しました。
日本にはとても堅実な考え方を持った人が多いのも事実ですので、現金主義でしっかり前払いをしたいという人もいることでしょう。

しかし一枚は持っていても損ではない、つまり使わなくてもいいので所有していてもいいかなと思えるようなクレジットカードの魅力もたくさんあります。
そこで、クレジットカードの主な利点を参考に一枚はあったら万一の時に便利だと感じる理由について考えてみましょう。

まずクレジットカードの利点として上げられるのは、「安全」という機能
日本にいればあまり感じないことかもしれません。
日本では、ご自宅の周辺に銀行意外にもコンビニやATMがあることが多いため、お金を下ろしたりするのも苦ではありません。

しかし、海外では至る所にATMがあるわけではありません。
もはやATMの数よりも、クレジットカード決済のお店の数のほうが圧倒的に多いでしょう。

たとえば慣れない海外旅行などでショッピングをする際に、現金が不足したりすることがあるかもしれませんよね。
そういったとき、クレジットカードが普及している国であれば、お客さんがお金を下ろしてくる時間を待ったりおつりを出すよりもクレジット決済を勧めることもあるほどです。
一部の地域では、クレジット決済しかできない店もあります。

また、「安全」の重要な視点として、盗難に万が一遭ったとしても保証が効くこと。
現金と違い、盗まれたら無くなってしまうものではありません。
連絡すれば機能を即時ストップできるので、悪用されることが少なくなります。

また、海外旅行時の保険も付帯できることも特徴でしょう。
昔はわざわざ、海外旅行時には損害保険などにも入る手続きを旅行会社で行っていました。

しかし、今は保有しているクレジットカードで保険を付帯できるので、手軽な方法で海外旅行が楽しめます。
生活費やショッピング、インターネットでの通販の利用などを特にしていなくてもお得なことがあります。

近年は自分の写真入りのカードなどもあるので、身分証明としても持っていられるのです。
写真付のパスポートなどの証明書類は、 毎日身につけているものではありません。
免許証が無い人でも写真付きクレジットカードであれば、同様の効力があります。

クレジットカードはお買い物での還元などのお得なサービスがあるだけとイメージしてしまいますが、お買い物以外でも所有しているだけでこうしたメリットがあるのです。

Copyright(C) 2013 カードで便利な生活を All Rights Reserved.