顧客満足度が高い

クレジットカードについての疑問

現在の日本での一人あたりのクレジットカード保有率は3枚といわれます。
10年前までは考えられなかったことでしょう。
しかし、世界通貨としてクレジットカードブランドも日常に身近なものとなり、ごくごく自然に手にしているものですよね。
あまりに多くクレジットカードを持っている方は解約http://www.budgetinncha.com/cancell.htmlして適切な枚数にしたほうがいいかもしれません。

ここでは、この身近なクレジットカードへの素朴な疑問について、書いていきます。

最も疑問として上がることが多い事項とは、「何歳から持つことができるの?」といったことから、「クレジットカードの仕組みって?」といった内容です。
クレジットカードは、18歳以下は使用することができないことをご存じですか?

何事も高校卒業がひとつの大人への基準となることが多いですが、クレジットカードも未成年のうちから持てるにせよ、18歳以上で無ければ与信ができないのです。
アルバイトをしていても生計を立てるまでには金銭的な信用は、その時点では足りないと見なされるのです。

そもそも、クレジットカードの仕組みができあがったアメリカでも、作成は18歳以降からというシステムでした。
それに倣って導入した日本のクレジットカードも、一つの年齢制限として準拠しているのでしょう。

また親権者の同意がある場合、結婚して所帯を持っている場合などは成人として許されることもあるようですが、どちらにしても、また18歳という年齢が社会的に信用がおけない年齢であることを象徴していますね。
また、クレジットカードの根本的な仕組みはどうなっているの?といった質問も気になります。
クレジットカード会社が消費者とお店の間に入って、代金を支払う仕組みです。
ここまでは、ざっくり理解している人も多いでしょう。
そもそも、クレジットカードを利用して買い物をするということがどういうことなのか、例にして考えてみましょう。

通常は、現金をお店で支払って、お店の売り上げとなります。
その場合、クレジットカーをを提示して支払ったとします。
すると、後日クレジットカード会社からその金額が請求されます。
お店ではなく、クレジットカード会社から明細と支払いが来ますよね。
お店がそれまでの期間に商品代金としてクレジットカード会社に請求し、手数料を引いた額を後日クレジットカード会社から受け取るのです。

クレジットカードの利用分として商品代金から手数料がかかるのは、クレジットカードが消費者の購買行動に影響してそのお店の商品を販売促進したというイメージがわかりやすいでしょう。
その手数料を利益として、クレジットカード会社は成り立っているのです。
ですから、みなさんが支払いをきちんとしていくことで、クレジットカード会社の売上として計上されますのでみなさんの信用が第一となるのです。

Copyright(C) 2013 カードで便利な生活を All Rights Reserved.