顧客満足度が高い

クレジットカードの限度額について

クレジットカードには利用限度額があることをご存じでしょうか。
限度額とは、その額まで自由に使うことが可能ということです。

仮にその額に達したらば、それ以上の額は使用することができず決済が降りません。
支払いが済み、また限度額まで使える金額の枠ができれば、数日ほど時間はかかりますが再度使うことが可能となります。
支払後にすぐ利用可能となるカード会社もあります。

利用限度額は条件を満たしていれば、自身の申告で引き上げることが可能です。
たとえば、旅行に行くので一時的に○万円まで上げたいなどといった場合に審査が通れば即引き上げが可能です。

特に学生などは限度額が低く設定してある場合がほとんどなので、旅行の際は限度額を超えてしまうことがあるため、安心できるように念のため限度額を上げたいと申し出る人が多いようです。
海外では思わぬ出費が発生することを見込んでも、クレジットカードがあると何かと安心です。

このように自分の申告で限度額を上げる手続きができる場合もあれば、クレジットカード会社から連絡がある場合、また連絡もなく勝手に引き上がっている場合もあります。
個人のカード利用状況が優秀であれば、何の申告も手続きもなく限度額が引き上がることがあるのです。

自分で申告した場合は、審査が厳しく引き上げてもらえないこともありますが、
そもそもクレジットカードの返済が誠実にされていて、滞納やキャッシングもしていない模範的な利用者であれば一定のタイミングで限度額を上げませんかという通知が来ます。
その際は、ご自身のクレジットカード利用態度良好である証でしょう。

ただし注意すべきは利用できる額が上がることによって、使用に歯止めがかからなくなることがあります。
多くの利用が可能となった反動で大きな買い物をしてしまい、後から後悔するケースも少なくないのです。

そのため、どんなに収入があってクレジットカードの利用状況が優秀でも、限度額を上げずに制御して使用している人も多くいます。
限度額が上がることで、かえって自分を苦しめないように日頃から節度ある使い方をしましょう。

また、その逆もしかりです。
一度返済態度などに問題があった場合は、限度額が引き下がる場合があります。

Copyright(C) 2013 カードで便利な生活を All Rights Reserved.